~住宅ローンについて~② | 大津市、草津市、滋賀県周辺の不動産をお探しなら空家・空地 相続 不動産専門店 MOVTOWN(谷口工務店大津支店(不動産事業部))にお任せ下さい。

空家・空地 相続 不動産専門店 MOVTOWN(谷口工務店大津支店(不動産事業部))

営業時間10:00~18:00定休日毎週水曜日、毎月第3火曜日

不動産スタッフブログ

STAFF BOLG
~住宅ローンについて~②

住宅ローンについて②
「住み替えの場合」

皆さま、こんにちは。谷口工務店 不動産事業部の若山です。

前回は、ご購入者様の住宅ローンについてお話をさせて頂きましたが、今回は「住み替えをする際の住宅ローン」についてお話していきたいと思います。

住宅をご購入される際、現在のお住まいを売却して、新たに住宅ローンを組まれるお客様がいらっしゃいます。

現在のお住まいに住宅ローン等お借入れがなければ、通常通りご購入される住宅にローンを組んでいただければ良いのですが、現在のお住まいに住宅ローンが残っている場合は、注意が必要です。

住み替え時によくある問題点として、以下の二点があげられます。

①「ご購入を先行する場合」
住宅ローンが2重になる可能性があり、場合によってはローンを組むことが出来ない、また、売却時に販売期間を優先する為に買取りや、安く売らなければならないケースがあります。

②「ご売却を先行する場合」
まず、先に今の家を売られる場合は、新しい家が完成するまで、一旦賃貸やご実家等へ引っ越しが必要になります。また、売却が決まり、引越しまでに慌てて次の家の購入を決めてしまったり、希望物件が見つからず、賃貸に短期間のお住まいのはずが、長期間住むことになってしまう場合もあります。

そして、どちらのケースにおいても、住宅ローンの残債額が売却金額を下回るケースも珍しくなく、その場合は追い金や、追加の融資が必要になる事もあります。

このようにどちらを選択する事もそれぞれにリスクがありますが、そのリスクを最小限に抑える為に出来る事があります。

不動産のご購入やご売却は人生においても、大きな決断です。将来のより良い生活の為に少しでもお力になりたいと思います。いつでもご相談お待ちしております。

投稿日:2018/12/16   投稿者:若山 恭大